「梨泰院クラス」目の限界の先まで

週末、目の疲労のその先までいってしまったぐらい見続けました。

ネットフリックスの「梨泰院クラス(イテウォンクラス)」。

韓流ドラマをきちんと見るのは、人生初。

いやー、もう目と体力、気力の限界を超えるまで見続けましたから(しつこい?)

 

日本版「半沢直樹」とか言われてもいますね。

ストーリーは、主人公の青年セロイが、韓国の居酒屋ビジネスで頂点を極めるまでのサクセスストリー。

と言ってしまえば、あ、そう、という感じでしょ。

でもなー、それだけじゃない。

 

セロイが実直な故に、思わぬ不遇に見舞われ、若くして服役。その後、小さな居酒屋を梨泰院(日本でいう渋谷のような町)にオープン。

そこから、さまざまな横やりと闘いながら、決して負けずに上り詰めていくわけですね。

 

ところが、その主人公セロイが、外見はギラギラした感じではないんですね。

(内面はがっつり燃えていますが)

高校時代から何年も変わらぬヘアスタイルで、ぽやっとした顔つきで、ぼそぼそっと話す感じとか、なんだかそのギャップがいい。

 

そして、ビジネスを長期スパンで見据える力もかっこいいです。

そして、ひき逃げ事故で亡くなったお父さんの保険金の使い方なども、思いがけない展開です。

2人の女性との三角関係もなかなか目が離せません。

 

目と体力の限界まで見て、あと最終話だけを残すこところとなりました。

今夜見るか、ちょっと取っておくか…(*ノωノ)

 

私は、いつもそうなのですが、自分がおもしろい、見たい、読みたい、と思ってはまったドラマや映画、本などは、まず結末を先に読みます。

とにかく、結末を先に知ってから、そこに行きつく過程を実際に見て読んで確認するという感じ。

あり得ん、とよく言われますが、いつもそう。

 

今回も、最後がどう終わるのかを知っています。

じゃあ、楽しみじゃないやん、と思われるかもしれませんが、そんなことはないのですよね。

結末を知らないと落ち着いて見ることができません笑

実際に見て、その過程を存分に楽しみたいと思います‼

 

レインボーブログトップに戻る

 

ダブルレインボーホーム

 

だ今の絵本のご注文は9月29日(火出荷予定です。

 

Jimdoベストオンラインストア2014

を受賞しました‼

お名前入りおくるみTime タオル
今治オーガニックコットンベビーギフト
お名前入りガーゼゲギーギフト
似顔絵タオル
天然染めベビー肌着
お名前入り木のおもちゃ
オリジナル絵本をオリジナルラッピング!
オリジナル絵本をご利用頂いたお客様の声